HOME > インフォメーション > アーカイブ > 2024年4月

インフォメーション : 2024年4月

腹腔鏡下避妊手術

人医では低侵襲医療として鏡視下手術が普及しておりますが、動物医療でも近年同様の傾向があります。
鏡視下手術とは細い硬性鏡を体内に入れることで、患部を大きく切開することなく小切開で処理をすることで、痛みが軽減され術後の早期回復をもたらし、退院までの期間が短縮され、術創も小さくなることもメリットといえます。
術者側としても、カメラを通じ拡大された視野の中で操作するため、細かい血管の走行を確認しながら作業を進められるために、丁寧な手術を行なうことが出来ます。

先般、15㎏の中型犬の腹腔鏡下避妊手術を行ないました。
通常の開腹手術では中型犬では10cm程度の切開創ができますが、腹腔鏡では各ポート1㎝程度を3か所切開します(第3ポートは摘出する卵巣・子宮のサイズによって開大します)。

このように3つのポートからトロッカーを挿入し、⓵電気デバイス、②硬性鏡、③鉗子を扱い操作します。


カメラ越しに卵巣にカウンタートラクションを掛けながら、処理していきます。


専用の長い電気デバイスを用いて処置します。


青線が通常の開腹手術ラインですが、比較的にコンパクトに済みますので、術後の回復はやはり早いと思います。
鏡視下手術は人医からの派生技術ですが、確かなメリットはありますね。
しかし、避妊手術に限っては当院では全ての動物に腹腔鏡下避妊手術を推奨していません。
体格、並行して他の手術を行なう(大型犬などの予防的胃固定)、オーナー様の考え、先天的基礎疾患の有無(被嚢性腹膜硬化症)などを鑑み判断します。



シアルマリンの購入が可能となりました!

今回、ご紹介するのはシアルマリンという海洋性堆積物の原料を用いたサプリメント製品です。
シアルマリン研究は九州大学の故 白畑教授、現在は富川准教授がその研究を引きついでされている分野です。
シアルマリンは遥か30万年以上前の海・山の堆積物が、発酵と分解を繰り返したもので、ミネラル・アミノ酸などが豊富に含まれ、今わかって研究成果として、
⓵抗腫瘍効果:ガンの増殖抑制、血管新生抑制、アポトーシス誘導、免疫増強、インターロイキン(IL)活性化
②抗アレルギー:ヒスタミン合成抑制や放出抑制、IgEレセプター発現抑制
③抗糖尿病効果:インスリンレセプター活性抑制、血糖値の上昇抑制、
④抗菌性:非共生菌(大腸菌など)への抗菌作用、共生菌(麹菌)への増殖成長作用
⑤腸内環境の改善:善玉菌の増殖、悪玉菌の減少、ガスの吸着や分解
などがあります。
今後のその成果に期待したいですね。
今挙がっている報告例としては、慢性皮膚症、慢性腸症、腫瘍などで用いられケースが主です。
当院での取り扱いが可能となりました。
剤形として、液剤と顆粒タイプがあります。
現在、治験として、1か月間のモニターも行っておりますので、ご興味のある方はご相談ください。





1

« 2024年3月 | メインページ | アーカイブ | 2024年5月 »

このページのトップへ